時間の密度

新年が明けてから1週間。

目まぐるしく動いている日々。

なんとかブログの更新もギリギリ続いているけれど、ちゃんと考えて書くというよりは思いついたままにただ置いている。

この1週間、時間の密度はあまりにも濃かった。

大晦日が遥か昔に感じてしまう。

毎日、新しい刺激を受けると時間の密度は濃くなる。

毎日、同じことを繰り返すと時間の密度は薄くなる。

新しいものを作っていると新しい刺激が降ってくる。

画一化された日々の1日は振り返ると消えてしまうように儚い。

だけど同じような日常でも、何かを作ったり、生み出したり、誰かと共有することで違った日へと変わる。

そんな理由もあってかなくてかこうやって、何か、言葉になっているのか、なっていないのかも曖昧なまま淡々と言葉を置いている。

この1週間だけでたくさんの人と会った。

たくさんの新しい出来事にも触れた。

想定外のこともたくさんあった。

それだけ自分の心にも刺激がきた。

だからこそ時間の密度はあまりにも濃くて、物事の時系列なんてごちゃごちゃになるくらいに頭の中に刻まれていっている。

明日はどんな日になるだろうか。

できる限り密度の濃い時間を過ごしたい。

想定外や新しいことがない人生はきっとつまらないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。